パチンコ「緋弾のアリア」シリーズ歴代全機種

©︎赤松中学 2008-2011 ©︎2011 赤松中学・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/東京武偵高校 ©FUJISHOJI CO., LTD
パチンコ

パチンコ緋弾のアリア歴代シリーズ

2008年からライトノベルで刊行している「緋弾のアリア」。パチンコでは2014年から藤商事でリリースされ続けています。どの時期に導入した機種でも攻めたスペックとなっているパチンコまとめおすすめのシリーズです。

この記事では、2014年~のパチンコ緋弾のアリア歴代全機種をまとめて紹介します!

パチスロ風カジノスロット

CR緋弾のアリア FPS

2014/03/03(月)にリリースされた、緋弾のアリア初代のパチンコ機種です。

通常時の大当たり確率は1/199で、高確率時は1/94。ライトミドルスペックです。ST機種で初回確変突入率は62.5%で電チューからは100%です。

大当たり中にV入賞を果たすと、めでたく確変に突入します。

確変中は1/94を120回転、時短で回せます。確率分母以上回せるのは嬉しいですね!

CR緋弾のアリア FPL

前述のFPSと同時に2014/03/03(月)にリリースされた機種です。通常時大当たりが1/297で、高確では1/91となっています。

こちらもST機種で初回確変突入率は64%、電チューからは100%、そして125回転となっています。

ミドルスペックですが、初回大当たり以外はFPSよりも初回突入率と継続期待値が上がっているため上位互換といえるでしょう。

CRA緋弾のアリア FPW

2014/09/01(月)にリリースされた機種です。今作はFPS、FPLと同じスペックの甘デジタイプです。

通常大当たり確率は1/99、高確率時は1/71です。初回確変突入率は55%、電チューからは100%です。確変回数は90回転までです。

初当たりが軽く電チューからは16R大当たりの確率が25%もあるため、万発以上出る可能性も高いです。

因みにパチンコは最初にミドルスペックやライトミドルスペックなどを出した後、少し時期をずらして甘デジタイプを出すことが多いです。

CR緋弾のアリアⅡ

2017/02/06(月)にリリースされた機種です。初回大当たり確率は1/319.6で、高確率時は1/63.9です。

大当たり確率は重いですが、今作の当たりは100%確変に突入します。

大当たり後は1/113.7の転落抽選に選ばれるまで時短が継続します。

また最初のほうで転落抽選に当選しても、最低100回転は時短が保証されています。

時短が終了した場合は確変も終了しているため、やめ時が分かりやすいスペックです。

CRA緋弾のアリアⅡ FPWZ

2017/09/04(月)にリリースされた機種です。「CR緋弾のアリアⅡ」の甘デジバージョンですね。

スペックはそのままで、初回大当たり確率などが緩くなっています。通常時大当たり確率が1/99で、高確率時は1/58です。

今作も100%確変継続型で、転落抽選に選ばれるまで確変は続きます。

最初のほうで確変から転落しても、最低60回は時短が保証されます。

元々の大当たり確率が1/99なので、転落後でも引き戻す可能性は十分にあります!

連荘性能がかなり高いため、甘デジですが万発も射程範囲に入るでしょう。

CR緋弾のアリアⅡ FPS

2017/09/04(月)にFPWZと同時にリリースされた機種です。こちらはライトミドルスペックですね。

通常時の大当たり確率は1/239、高確率時は1/63です。

「緋弾のアリアⅡ」の他のスペックと同様に、100%確変で転落抽選に選ばれるまで確変が続きます。

電チューでの時短の保証は100回転で、確変継続率は61%です。

CR緋弾のアリアAA

2018/11/05(月)にリリースされた機種です。

初回大当たり確率1/319のミドルスペックですが、その後の58.3%で突入するBBS(バトルスペックシステム)が重要です。

BBSとは、バトルに勝利すると大当たりが継続するシステムです。

内部的には1/4.94の時短で初回は6回、電チューでは2~6回の抽選となっています。

電チューでの大当たりは全て13R確変で、通常時確率は厳しいものの一度突入すれば容易に万発を狙える尖ったスペックとなっています。

P緋弾のアリアAA FE 設定付

2019/03/04(月)にリリースされた機種です。前作の「緋弾のアリアAA」のスペックと同じですが確率がライトミドルとなり、6段階の設定が付きました。

初回大当たり確率は1/199(設定1)~1/150(設定6)です。時短中の実質大当たり確率は1/9.16(設定1)~1/9.02(設定6)です。

一発の強さから見ると前作ですが、初当たりの軽さは今作が勝っています。

P緋弾のアリアIII 設定付

2019/05/20(月)にリリースされた設定付きパチンコです。

設定は2段階で、初回大当たり確率の1/319 or 1/254の違いのみです。Rush突入率はヘソが64.2%、電チューが100%です。

この機種はかなり特殊で、Hysteria Rushに突入するとタイマーが作動し制限時間内に大当たりを積み重ねるゲーム性です。

タイマーが長ければ長いほどチャンスです!

通常ボーナス自体は出玉が少ないですが、小当たりで出玉を稼ぐ「小当たりラッシュ」の機種ですね。

PA緋弾のアリアAA JD設定付

2019/11/05(火)にリリースされた機種です。今作は「緋弾のアリアAA」シリーズの甘デジで、設定が付いています。

初回大当たり確率は1/99~1/80で、時短中実質大当たり確率は1/11.9~1/11.6です。

確変継続率はAAシリーズでは最も低いですが、他の通常スペック機種と比較すると連荘率は高いほうです。

連荘率の悪さを初当たりでカバーするタイプですね。

PA緋弾のアリアⅢ FW設定付

2021/01/04(月)にリリースされた「緋弾のアリアIII」を甘デジタイプにした機種です。

6段階設定で、通常時大当たり確率は1/99.9〜1/59.9です。特に設定6は凄まじく、等価ボーダーが13.2回となっています!

今作も「小当たりラッシュ」で出玉を稼ぐタイプです。

Rush突入率は52.1%なので、実質確率分母の倍と思っておいたほうが良いでしょう。

P緋弾のアリア~緋弾覚醒編~

2021/03/22(月)にリリースされた機種です。初大当たり確率は1/199です。

今作は遊タイムを初実装しており、通常時499回転で100回転の時短に突入します。

初大当たりの50%が強襲任務となり、さらに当選時には25%の確率でLIGHTNING BULLET CHANCEが発動し、ストックを獲得すれば継続率約87%の「V Attack STOCK TIME」へ突入します。 連荘しやすく天井も低いため非常にスペックが良い機種です。