パチンコ フィーバー戦姫絶唱シンフォギア!新旧機種を徹底比較

パチンコFEVER戦姫絶唱シンフォギア
パチンコ・パチスロメーカーSANKYO シンフォギアスペシャルサイトより
パチンコ

パチスロ機も6号機に移行し、パチンコではCR機が2021年1月いっぱいで廃止。パチスロ機6号機は出玉を抑制し、良く言えば低投資で長時間の遊戯に耐えうるほど出費が少なくなり、悪く言えば「一撃万枚」が難しくなりました。

反面、パチンコは規制が緩くなりました。特筆すべきは通常遊戯で、ある程度ハマると時短に突入するシステム「遊タイム」を可能にしたことでしょうか。規定回数消化で確率分母を大幅に超える時短に移行することで、疑似的な天井機能を搭載することが出来るようになりました。

今回は今までのCR時代のシンフォギア2機種と、これからのP時代のシンフォギア2機種のスペックの違いについて解説していきます。

パチスロ風カジノスロット

ライトミドルverの旧シンフォギアと新シンフォギアのスペック

パチンコ CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア

CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア
  • 導入日:2017/08/21
  • 大当たり確率:通常1/199.8、時短中1/7.4
  • 大当たり内訳(ヘソ):4R+時短1回+保留最大4回99%、15R+時短7回+保留最大4回1%
  • 大当たり内訳(電チュー):15R40%、12R3%、8R7%、4R50% (電チューは全て時短7回+最大保留4回)
  • 大当たりラウンド:7カウント
  • 確変突入率:100%
  • シンフォギアチャンス:初回突入率約52%、継続率約80%
  • 賞球数:4&1&3&14
  • 大当り出玉:約360or720or1090or1360個(払い出し)

パチンコ Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2

  • 導入日:2020/04/20
  • 大当たり確率:通常時1/199.8、時短中1/7.6
  • 大当たり内訳(ヘソ):3R+時短1回+最大保留4回99%、10R+時短99回1%
  • 大当たり内訳(電チュー):10R+時短99回11%、10R+時短11回3%、10R+時短7回36%、7R+時短7回2%、6R+時短7回3%、4R+時短7回45%
  • 大当たりラウンド:10カウント
  • 確変突入率:100%
  • シンフォギアチャンス:初回突入率約51%、継続率約82%(トータル)
  • 賞球数:3&1&4&13
  • 大当り出玉:約390or520or780or910or1300個(払い出し)

新旧のライトミドル シンフォギアの比較

ゲーム性としては、新旧とも流れは一緒です。初当たりの後は99%の確率で最終決戦に移行し、勝利すればシンフォギアチャンスに入ります。

突入率は双方とも時短1回と保留4回を合わせ旧シンフォギアで52%、新シンフォギアで51%と旧シンフォギアが僅かに高いですが、継続率は旧が約80%、新が82%あります。

特に新シンフォギアは、シンフォギアチャンスの辺りの内11%が99回時短というのが凄まじいです。

7.6分の1の99回時短なので、ほぼ次回大当たりが約束されているようなものでしょう。この部分が優れているため、スペックとしては新シンフォギアのほうが高いです。

甘デジの旧シンフォギアと新シンフォギアのスペック

パチンコ CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア LIGHT ver.

CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア LIGHT
  • 導入日:2018/12/03(月)
  • 大当たり確率:通常時1/99.9、時短中1/7.7
  • 大当たり内訳(ヘソ):4R+時短1回+最大保留4回99%、15R+時短7回+最大保留4回1%
  • 大当たり内訳(電チュー):15R20%、12R5%、8R10%、4R65% (電チューは全て時短7回+最大保留4回)
  • 大当たりラウンド:10カウント
  • 確変突入率:100%
  • シンフォギアチャンス:初回突入率約51%、継続率約79%(時短7回+保留最大4回)
  • 大当り出玉:約240or480or720or900個(払い出し)

パチンコ Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア
  • 導入日:2021/03/08
  • 大当たり確率:通常時1/99.9、時短中1/7.6
  • 大当たり内訳(ヘソ):3R+時短1回+最大保留4回99%、9R+時短7回+最大保留4回1%
  • 大当たり内訳(電チュー):9R35%、7R2%、5R13%、3R50% (電チューは全て時短7回+最大保留4回)
  • 大当たりラウンド:10カウント
  • 確変突入率:100%
  • シンフォギアチャンス:突入率約51%、継続率約79%(時短7回転+残り保留4個時)
  • 賞球数 3&2&5&1&9
  • 大当り出玉:約270or450or630or810個(払い出し)
  • 備考:遊タイム有

新旧 甘デジ シンフォギアの比較

こちらは比較的、出玉の面で少しだけ新シンフォギアのスペックが悪くなっているようですが…実は299回転消化で時短1回転の遊タイムに突入します。

つまり299回転消化で必ず「最終決戦」に入るということですね。勝利期待度は50.1%なので、こちらの新シンフォギアにも期待が持てますね!