パチスロ6号機で万枚は可能?5号機と6号機の名機で比較検証してみた

パチスロ 万枚 パチスロ

パチスロ新基準が導入され、5号機がホールから消えようとしています。代わって続々と導入されている6号機スロットですが、大勝ちできる可能性が更に低くなってつまらなくなったという声をよく聴きます。

スロッターの目標である万枚は、果たして6号機では可能なのか?どの機種なら万枚が狙えるのか?を考察。5号機との違いを比較しながら解説していきます。

パチスロ風カジノスロット

パチスロで「万枚」の定義とは

万枚の基本的な定義は10,000(1万)枚以上の出玉を出すことです。

細分化すると、スランプグラフをみて差益枚数で10,000枚や換金するときに10,000枚など人によって万枚の概念がいくつか存在します。

万枚を出すことはスロッターにとって1つの称号であり、目標でもあります。

パチスロで万枚を目標に、20スロで10万円という巨額投資をして20万円のリターンというリスキーな体験をした人もいます。万枚の大台を越えた人の多くは、何かしらその証拠を写真に収めてSNSなどにアップしていることでしょう。

6号機で一撃万枚は不可能と言われる理由とは

6号機では一撃万枚は不可能となっています。その理由について主に2つの項目を挙げて説明していきます。

2,400枚という出玉規制の上限

6号機では、一度ARTやATに突入した時に獲得できる最大上限枚数が2,400枚なのです。これは多大な恩恵を有するフリーズ(激レア演出および超出玉トリガー)を引いても変わりません。

6号機で一撃万枚が不可能と言われている理由の最大の要因がコレなのです。

エンディング後のAT・ARTのゲーム数やストックはすべてリセット

先ほどの説明に付け加えると、2,400枚を獲得することが確定すると機種によっては+αという形でエンディング(数十ゲームの消化)がくっついてきます。

エンディングが終わると通常画面に戻ります。

しかも、6号機のほとんどの機種においてエンディング前に保有していたAT・ARTのゲーム数やストックはすべてリセットされてしまいます。

例えば、残りARTゲーム数が999あって1Gあたりの純増2枚だとすると、現時点の獲得差益枚数が2,000枚だったら、わずか200ゲーム消化するとエンディングに移行してしまい、残り600ゲーム以上のARTゲーム数が失われてしまいます。

それが万枚を不可能にしてしまうような、分厚い壁となってスロッターのみなさんにメンタル面で襲い掛かるわけです。

またここでは簡単に紹介しておきますが、有利区間の継続ゲーム数最大1500G消化してもエンディングに突入してしまいます。

パチスロ有利区間

スロット6号機の有利区間について

6号機でも特定条件を満たせば万枚可能!?5号機との比較

では6号機で万枚を達成させるにはどんなことが必要なのか、また5号機と比較して具体的な機種名を挙げて説明していきます。

5号機の場合

5号機 万枚 ミリゴ

5号機の場合どちらかといえば、初期の頃よりは中期~後期に登場した機種の方が万枚達成の報告が多いので、いくつかの機種を例にとります。

高い人気を誇った5号機『ミリオンゴッド 〜神々の系譜〜(以下ミリゴと表記)』の場合、GOD揃いとストックの獲得度合いがうまくマッチすれば万枚達成は余裕です。

打ち始めからの時間帯が閉店の2時間前より前だと望ましいです。

1Gあたり2.4枚純増することから1セット100G続くことから約240枚、計算すると約42、43セットまで続けば、ミリゴでは万枚達成ができる計算とあります。

また新鬼武者の場合は、保有ゲーム数の度合いと89%継続のARTループがうまく絡めば一撃で万枚達成することは理論的に可能です。

5号機ではほかの機種でも万枚達成が可能で、選択肢がわりと豊富でした。

6号機の場合

6号機の場合、万枚を達成させるためには2,400枚の上限を最低4回とちょっとした1,000枚程度の出玉をATで達成させるしかありません (ART機もあるが6号機のほとんどがAT機) 。6号機だと『リゼロ』の愛称で有名なパチスロ『Re:ゼロから始める異世界生活』が有力な候補となります。

リゼロ スロットは6号機でありながら、万枚が狙えるかもしれない稀有な機種です。

その理由は高設定であれば「白鯨」に勝利しやすく、1Gあたり出玉が約8.0枚増となっており、設定1でもAT当選時にゲーム数が決まる「おねだりアタック」で展開次第では100Gを超えるゲーム数を確保できるためです。

またレア役によるゲーム数上乗せがなされれば、エンディングに近づけます。

特に設定5は白鯨突破5回中1回ですが、エンディングまで完走できるほどの破壊力を秘めています。

ただ、設定6はATに入りやすい反面、設定5ほどATのノビがないので、万枚は厳しいと言われています。

他にはリゼロと同じ1Gあたり出玉が約8.0枚増の機種で『青鬼』というものがあります。

こちらは逆に設定1だとCZ突破率が2割を切るほどですが、一度ATに入ると約7割の確率でエンディングまで完走できることから、ヒキ次第では万枚のワンチャンがあります。

また『エウレカセブン3』も万枚が狙える6号機です。

中段チェリーのヒキにもよりますが、AT(コーラリアンモード)中のベル選択(打ち手が左・中・右を選べる)によってすべてうまくいったら、上位ATに突入して純増約1.8枚のATから約4.5枚に跳ね上がる可能性が格段あがり、エンディングまで完走することにつながっていきます。

6号機でも特定の条件を満たせば万枚を狙う事は可能です。

パチスロ6号機で万枚 まとめ

掲示板のスロ板でも、5号機に比べて6号機のスロットは万枚突破が難しい、というのが今のところ一般的な見解です。出玉の上限規制が設けられたことが万枚突破を阻む大きな要因になっているのです。

それでも、一部機種では高設定のヒキ次第で万枚到達が不可能ではありません。スロッターのSNSなどでも万枚獲得の報告が上がっています。

まだ万枚突破を実現できていないスロッターのみなさん、小刻みになりますが、その日のうちにエンディングを何度も見て、スランプグラフの差益枚数を写真にとるなどをして万枚到達の証とし、真のスロッターの称号を手にしましょう。6号機での万枚獲得スロッターの称号はきっとより価値がありますよ。