2種類の天井を持つパチスロ「HEY!鏡」(へい かがみ)

へいかがみ
(c) Daito Giken, Inc.
パチスロ

パチスロ「押忍!番長」シリーズのスピンオフ「HEY!鏡」。短期的な出玉が多い一方で、一度の出玉が少ない6号機らしい機種です。この記事では「HEY!鏡」の基本的なスペックと、2種類の天井性能について解説します。

大人気「押忍!番長」シリーズのスピンオフ、パチスロ「HEY!鏡」

950ゲームで天井に到達します。20円スロットなら千円で50G程度回せるため、0Gからでも天井まで20,000円程度で到達します。

また、ATでの純増枚数も1ゲーム当たり約5枚と獲得スピードが速いです。

一方で「HEY!鏡」は全てが有利区間のため、天井到達してからの当たりなら有利区間が500ゲーム程しか残りません。

ですが、すぐにベルナビ100回などを獲得できれば理論的には2,000枚以上の獲得は可能です。

コイン持ちがよく出玉スピードが速い代わりに、一回での当たりの獲得枚数に制限がかかっています。

長い時間をかけて出玉を得る5号機と比較すると一長一短があります。良くも悪くも6号機らしいスペックの機種です。

基本情報

● 機種名:HEY!鏡 (へいかがみ)
● メーカー:Daito(大都技研)
● ボーナス詳細:AT
● AT純増:約5枚/G
● 50枚あたりの回転数:約49.8G
● ゲーム数天井:950G+前兆
● HEYカウンター天井:通常モード 599HEY、チャンスモード699HEY天国モード100HEY
● 導入日:2018年10月1日
● 導入台数:約25,000台

スペック

設定ボーナス・AT確率合算機械割
11/330.597.9%
21/311.499.5%
31/288.3101.1%
41/256.6104.2%
51/231.7107.3%
61/189.7112.0%

ゲームの流れ

通常時はHEYポイントを貯めて特訓を目指し、対決に勝利してJET BONUSか慶志郎チャンスを狙います。

JET BONUSは20GのATです。終了後はドライブゾーンに突入します。

ドライブゾーンは15Gまたは32G継続のチャンスゾーンです。規定ゲーム数経過か成立役で慶志郎チャンス突入への抽選をしています。

慶志郎チャンスはベルナビ管理型のATです。1セットで10~100回までのベルナビが行われます。ベルナビの振り分けは10%が50回以上です。

さらに勝利すればATが続くループ率50%以上の「頂対決」、ループ率82%以上の「絶頂対決」が存在します。

AT終了後はドライブゾーンへ移行します。

天井について

HEY!鏡には、通常のゲーム数の天井とHEYカウンターによる天井が存在します。

ゲーム数天井

950ゲーム+前兆消化でゲーム数天井に到達します。恩恵はJET BONUS確定で、さらに2/3で青ボーナス確定です。青ボーナスは慶志郎チャンスの当選率が優遇されています。

ですが、有利区間の関係で獲得できる枚数が少なくなることがあります。有利区間は1,500ゲームと決められているため、950ゲーム以上を消化してATに突入すると500ゲーム程しか残りません。

ATの合間にCZのドライブゾーンを何回か挟んだ場合、1,500ゲームまで到達したなら獲得枚数は1,000枚程度になるでしょう。

有利区間はドライブゾーン失敗、有利区間到達によるエンディング、引き戻し特訓失敗時にリセットされます。

天井狙いをする場合、有利区間による獲得枚数の制限にも注意が必要です。

HEYカウンター天井

HEYカウンターとは、台にセグ表示されている周期天井のことです。モード別で天井が異なり、通常モードでは599HEY、チャンスモードでは699HEY、天国モードでは100HEYが天井となります。

1ゲームで必ず1HEY以上獲得し、レア役が出現すれば多くのHEYをゲットできます。こちらの天井恩恵はAT突入期待度約30%の特訓に移行します。

また、HEYカウンターの下にある星の数字で何周期目かの判断が可能です。4周期目以降から期待値はプラスとなり、5周期目以降からは特訓の突破率が50%を超えるようになります。

5周期目ともなると通常のゲーム数もそこそこ回っているため、もう一つの天井にも期待が持てます。

設定6の場合は、こちらの周期天井がかなり優遇されています。2周期目で60.2%、3~4周期目で70.3%、5周期目以降は79.7%の確率で特訓を突破します。

そのため、仮に7周期目以上まで到達していた場合は設定6の可能性をほぼ否定できます。ハイエナの目安も、7周期目以降が良いでしょう。