5号機スロットの代名詞!バジリスク 絆

歴代 バジリスク スロット パチスロ

パチンコ、パチスロ共に多くの人気機種を生み出した「バジリスク」シリーズ。その中でも「バジリスク 絆」(バジリスク~甲賀忍法帖~絆)は、数多くの名機が登場したパチスロ5号機の中でも屈指の人気を獲得しました。今回は、歴代バジリスク スロットと「バジリスク絆」の魅力を紹介します。

歴代 バジリスク スロット

初代バジリスク スロット 甲賀忍法帖

初代バジリスク パチスロ

初代バジリスクは、パチンコ・パチスロメーカー「ミズホ」から2009年12月にホールデビューしました。

ボーナスとARTで出玉をコツコツと増やす機種が主流となっている中、「夕方から一撃2000枚を目指せる」という触れ込みでパチスロユーザーの話題や注目を集めました。

初代バジリスク スロットでは、バジリスクチャンスを経てARTに突入するといったバジリスク絆・絆2と同様のシステムが採用されています。1Gの純増が2.3枚と当時で高純増のARTでファンを増やし続けていきました。

パチスロ風カジノスロット

バジリスク~甲賀忍法帖~II

バジリスク2 スロット

初代バジリスクがユーザーからの支持を得た事で2012年にパチスロメーカー「メ―シー」から公開された2代目が「バジリスク2」でお馴染みの『バジリスク~甲賀忍法帖~II』です。

バジリスクチャンスを経由せず、強チェリーや強MB等のレア役やCZ開眼チャレンジでARTを獲得する新しいシステムが採用されています。

自分で選べるタイプの異なる3つCZ、最高継続率80%、1Gあたり2.7枚という初代を超える高純増等、数多くの魅力が存在しました。

バジリスク2 スロットをメイン機種として扱う店舗も多く、設置数の多さやイベント・取材時の高設定投入率の高さから爆発的な人気を獲得しました。

バジリスク~甲賀忍法帖~絆

5号機時代のAT最盛期、2014年にメーカー「エレコ」から公開されたのがこの「バシリスク 絆」スロットです。

ATは1セットが前半「追想の刻」と後半「争忍の刻」の2つのパートで構成されています。AT中にバジリスクチャンス当選すると終了後に「追想の刻」に突入。後半の「争忍の刻」はミニキャラバトルが決着するまで継続します。

AT中のバシリスクチャンス獲得は継続確定だけでなく、セット数の上乗せも期待できます。

SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜Ⅲ

2016年11月に「エレコ」からリリースされた「バジリスク3」は1ゲーム1.7枚純増のART機。5号機バジリスクの最後の機種で、バジリスクスロットシリーズ通算4作目となります。

機械割は98.5%〜110.1%、ボーナスはBC(バジリスクチャンス)とART。回転数は、コイン50枚あたり37.6Gです。

天井はART間1200G経過後、前兆を間に挟んでCZ(チャンスゾーン)とARTが確定します。つまり、CZが成功するとCZ分のARTと天井ARTの2セット分を得ることが可能です。

ゲームの流れは通常時からCZ、もしくはボーナスであるBCを経由し、ARTであるBTもしくは通常時に戻ります。

BTは1Gあたりの純増1.7枚です。BT中にBCに当選すると、ARTの上乗せに大きな期待が持てます。

また、20G限定の上乗せ特化ゾーン「瞳術チャンス」「真瞳術チャンス」に突入する可能性もあります。

バジリスク 絆 2 – 最新のバジリスク スロット、6号機第一弾

2020年2月に「ミズホ」よりリリースされた、6号機になって初めてのバジリスクSLOT。機械割は97.4%〜112.9%、ボーナスはARTのみです。回転数は、コイン50枚あたり49.5Gです。

天井は有利区間開始から800G経過後、同色BC(バジリスクチャンス)に当選します。通常時はBCの移行待ちで、BC中にBT(バジリスクタイム)の抽選をします。

BC中はチャンス告知タイプである「弦之介BC」、後告知である「朧BC」、完全告知である「天膳BC」から選択可能です。BTはARTで、1Gあたりの純増は2.9枚です。

ユニメモを開放することで子役とBC確率、BT初当たり確率を見ることが出来るため、設定5・6の看過が容易になります。

スロット「バジリスク絆」はデビュー当初人気がなかった?

花魁ドリームスロッ

5号機スロットの代名詞の「バジリスク絆」ですが、デビュー当初は数週間で稼働が激減したという店舗が続出しました。バジリスク2ではなく、初代を踏襲したシステムに馴染めないユーザーが多かった事と、高設定の挙動が周知されていなかった事が原因と言われています。

バジリスク絆 スロットは、高設定であればある程、バジリスクチャンスのスルー率が低くく安定感が増していきます。ホールデビュー時に扱いに困った店舗が低設定のみを使用した事でなかなかATに突入しなくなり、ユーザーが楽しさ・面白さを見い出せず稼働が落ちていきました。また、当時はホール内に他メーカーの人気看板機種が多かったり、まだ人気の高かったバジリスク2 スロットに稼働が流れていた等の理由もあります。

徐々に人気を獲得していった経緯とは?

設置から2ヶ月で減台する店舗もチラホラ出てきたバジリスク絆ですが、イベントや雑誌の取材で高設定が使用され始めた事、設定判別要素や高設定の挙動等の解析が出始めた事から徐々に人気を獲得していきます。

また、パチスロの動画視聴者が増え始め、バジリスク絆 スロットを遊戯する演者、動画が増えたきた事もバジリスク絆の人気に拍車をかけ、店舗の大型イベントや雑誌の取材日にはバジリスク絆 スロットが朝イチで満席になる程の人気となりました。

バジリスク絆 スロットはここに注目!

バジリスク絆は、「AT中の新システム絆高確」「使用楽曲の格好良さ」「設定判別の面白さ」といった点に注目するとより楽しむ事が出来ます。

AT中の新システム絆高確

AT中の演出は歴代バジリスクシリーズを踏襲していて、追想の刻と争忍の時の2パートに分けられています。初代とバジリスク2にはなかった「絆高確」が採用されていて対応する巻物やチェリーといった対応する小役を引くと高確率でバジリスクチャンスが獲得出来るようになりました。絆高確時は歴代シリーズよりもさらに手に汗握るATを楽しめるようになりました。また、AT中の城ステージや天膳とのバトル開始時のレインボー「夢幻泡影」タイトル等、高継続を示唆・確定するさりげない演出にも注目です。

使用楽曲の格好良さ

格好良い楽曲がここぞの時に流れるのもバジリスク絆の魅力の1つです。継続確定時に流れる「甲賀忍法帖」、継続確定+1セット以上のストック確定の「WILD EYES」は数多くのパチスロユーザーの心を鷲掴みにしました。特に、AT開始時ワンテンポ遅れてイントロが流れるWILD EYESの格好良さは別格です。

設定判別の面白さ

イベント・取材時に高設定が使用される事が多かった事からバジリスク絆の設定判別要素だけは覚えた!というユーザーも多くいます。通常時の弱チェリーの出現率、同色バジリスクチャンスの出現率等、パチスロ初心者でも比較的簡単に設定判別出来る要素がありました。

また、バジリスクチャンス中に設定456以上や設定6が確定する演出が用意されていたりと演出を楽しみながら、出玉を期待しながら設定判別が出来るといった点でも人気を得ました。

パチスロヘビーユーザーだけではなく、ライトユーザーや初心者でもしっかりと楽しめる注目ポイントがバジリスク絆には用意されています。

バジリスク 絆 スロットまとめ

パチスロユーザーから圧倒的な人気・知名度を得ているバジリスクシリーズは、原作漫画の面白さをパチスロを通して表現しています。初心者からヘビーユーザーまで幅広いユーザーが楽しめる演出やパチスロ本来の出玉への期待、設定判別をするといった面白さも忘れていません。

今からパチスロを覚えたい、パチスロの楽しさを体感してみたいという方は、バジリスクシリーズからパチスロを始めてみてはいかがでしょうか?